忍者ブログ

かきちらし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徒然と二号さん

あーーーーー、思った思った、正妻と愛人…
ものすごい納得です。ロックさんってこわいほど二号さんが似合うね!

通常運転ですいません。
ほんとロックさんって二号さんとか似合うと思うんだけどどうですか。(どうって何だろう…)
ピチピチどころか永遠に若いお妾さんだよ。適度に振り回してくれるよ。都合のいい時に振り回すのは初期から得意だよ!
基本的に一途だからキープしとけば浮気もしそうにないし、体質的にたぶん子どももできないし、謙虚(笑)だからちゃんと立場わきまえるし、なんか正妻とも仲良くしてくれそうだし、まああれだよね、ヤマキさん羨ましい。
ロックさん本命にするの大変だからさ…レアだし…。

それはともかくいいなあ、ヤマキさん!当時の世界最強のエスパーふたりに懐かれるなんて!エスパーにモテモテ。
ロックさんはほんとヤマキさんのこと好きすぎだぁよ…大好きだろ…かわいいなあもう…。
でも確かにヤマキはいいキャラでした。年取ってからもバリバリだし。親子二代の付き合いだし。
「俺も連れてけ!」って叱られたときのロックさんの嬉しそーなことったらないです。右手にジェシカ左手にロックさんとかずるいなーいいなー。

そういえばジェシカとロックさんがきゃっきゃうふふしてるところって原作にはほとんどないですけど、子育て相談とかするのはもっぱらジェシカ、ヤマキさんにはほとんど会いにこないロックさんもなかなかどうして連れませんね。立派な二号さんです。まだ言ってる。
女神と伝説読みたいなあー。



ロックさんは薄幸属性だし、何をやっても死なないし、メンタルも強いし、たいていのことは受け流せるので、つい不幸な目に合わせたくなっちゃいます。とか言ってやりきれない詰めのあまいわたし! がんばろうこれから。

クオンくんは第四章であれでしたが、どうせあの程度ならすぐ復活するだろーと思ってるので心配していません。不死者でしょ!がんばって!もっとボコボコになって!
もっと追い詰められて欲しいです。猜疑心とかにもさらされて欲しいし、何がなんでも生きてやるって熱意も見たいし、何よりあんなうさんくさくニコニコしてないもっと必死なクオンくんが見たいなぁー。
クオンくん、なんかうさんくさいという第一印象がいつまでも抜けません。何だろう…笑顔かな余裕かなそれとも声かな…。



以下ゲロの話です。

冬の虹でのロックさんは吐きなれてる感があると思います。
テレパシーで感覚共有したままの相手が服毒自殺したときの吐き方が個人的にはベストオブ嘔吐です。げえっ、って一切貯めなしで水っぽいのをびしゃ!って。胃液かなあ。



冬の虹、身体的にはいちばん鍛えてるかもしんないけど、精神的にはいちばん揺らいでる気もします。諦念の人生というか。ちょっとあやういかんじ。

感受性の強い思春期ごろはそのへんのハイスクールとかに行ってたんでしょうけど、ふとしたときに他人の意識を拾ったり、ESPをうまく扱えない時期もあったんじゃないでしょうか。
なのでちょっと病んでたり、ビミョーにいろんなことへの反応が薄かったり、人ごみですぐ気分悪くなったり、そんなショタロックさんもいいよね!

基本的に狙撃手やってたんでしたっけ。でも軍でもあんなことやってたらすっごい便利なレーダーかつスナイパーである反面、すぐ吐いたり倒れたりしちゃうんじゃ…とか思ったり。
本編でも機械みたいになったりするひともいるけどぼくは相手の痛みがわかるから大丈夫、とか言ってましたっけ? それって病んでるよなあー。基本的に薬物飲んでないと寝れないし。
ロックさんに軍とかやめようよってスーミンが言ったとしても、にっこり笑ってちょっと無理かなあ、とかいいそう。あの傷口が開いたときとか、ロックさん人の話ちゃんと聞いてる?って感じだったし。
なんかもう自分が死にそうになるのもどうでもよさそうな感じする。そりゃ死ぬのは嫌だけど、多少痛いとかどうでもよさそう。
もう、たぶん誰が何遍いっても、あのロックさんは自分を粗末にしてそうです。お国のためっていうか、生きてるだけでめっけもん。よく見てるとけっこう危なっかしい。
そんなお話も書いてみたいですね。

PR

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]