忍者ブログ

かきちらし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファナティック・ロリータ らくがき追加



※雑多なやおい妄想。下ネタもあります。
月も半ばをすぎ、ロックさん欠乏症で暴走しています。
アワーズの発売日とフラッパーの発売日はもうすこし離れていてもいい。わたしの精神的な安寧のために。




ほんとにラクガキ追加しました。














どっちもどM
わたしこの構図すきすぎだよね


ロックさんって性格が一定ではないじゃないですか。
芯の方はじつは熱血なのは変わらないと思うんですけど、そりゃ年表でわかるだけでも1500年くらい生きてりゃ性格も変わるし、狸にだってなるよね。
だから何が言いたいかと言うとですね、およそロックさんに禁じ手というやつはないんだと思うんです。
そりゃね、望んで人殺しするとか、そういうのはあり得ないですけども。
SだろうがMだろうがタチだろうがネコだろうが自由だと思うんですよ!(そういう)
男くらいいてもぜんぜん違和感ないし、もうタチだった時期とネコだった時期があってもいい…!
ワイルドだったりコケティッシュだったりクールだったり、いろんなロックさんがあっていい…!!



とか言ってますけども、基本わたしはロックさんのことを無自覚ドMの不遇な境遇でこそ輝くダイヤモンドの原石(ン千歳)だと思っています。モブレの宇宙一似合うじじい…!!
ロックさんのやおいものは、ロックさん本人は基本的に何にも属さないタイプなのに、すきとか嫌いとか自分を認められたり受け入れられたりでかんたんに所有されちゃうというのに萌えるので、両者の対等性とかはわりとどうでもいい。

自分の欲望や願望がわからない、相手にどうやって触れたらいいのかわからない、とかロックさんの口から出てくるとは思ってなかったセリフが原作で出たんですけど。
あれはさー、ロックさんは力なり人格なり不老性なりを求められたことは多くても、求めたことはすくなくて、さらにそれがかなったことはもっとすくないということじゃないのかなぁ、とか妄想してました楽しい。
よしんば求められたところでそれがESPなら兵器として使われるか、神様みたいに祀りあげるか、ぼろきれみたいに扱われるか、あるいはそのすべてとか。不老性とかならもっとあれですよ。人魚の肉ですよ。食べちゃうぞーですよ。
そのうち権力のあるマニアのおっさまたちに賞金かけられて、「完品無傷で何億クレジット、未貫通ならなおよし」みたいな条件とかつき始めたりさー。超人の血は美味しいとか、へんな噂が流布したりさー。
記憶喪失時にうっかり拾われたところで、何やってもすぐ治るから神の子だ! みたいになったりとか。
素で支配欲とか独占欲とかうまく刺激するタイプだと思うんですよ。マゾだし。嗜虐心煽るし。無自覚だけど。
そんなおり、体だけ差し出しとけばある程度やり過ごせると悟ったロックさんは、わりとそのへんルーズに投げやりなの。そんなことしたって意味ないのになぁ、何で安心しちゃうんだろうなぁ、男って変だよね、とか思いながら。


ここで、暫定的にふたつのパターンを想定しましょう(急に)。

1)ちょうマグロなロックさん。もう不感症の域パターン。

ちょうマグロですよ。まな板の上のマグロですよ。やる側は必死ですけどロックさんはヘーキです、だって意味がないから。殴ったり蹴ったりするのと同じで、喉元過ぎれば忘れるようなイージーなことだから。はやく終わんないかなぁ、って今日も天井のしみを数えます。うんとかすんとかくらいしか言わない。わりと下手というかやる気がない。最中もすごいどうでもいいこと考えてる。そんなだからよけいひどくされるループ。

欲求の対象になることは慣れてて、そうされることにはときどきうすい嫌悪感も覚えたりするんだけど、「でもこんなの意味ないし」で片付ける。
自分は支配したいとかそういう欲求がほとんどない。子どもを遺す必要もないからよっぽど好きになった子とのコミュニケーションくらいに考えている。だから基本淡白。コントロールしてますから。さらり。


2)大穴でちょう床上手。面倒だから体で片付けちゃおうパターン。

清楚な見た目(※分厚いフィルター)を裏切るギャップ萌えパターン。
見た目はロリだけどじつは年上のバツイチお姉さん的な。バツイチどころではないけど。
どうせなら気持ち良いほうがいいかな、と思っていたらいつの間にかものすごい上手になってしまって、あれっおかしいな…まあいいか、気持ちいいの好きだし、後腐れなければ、と思っています。
「ぼくが女の子になるのとこのままと、どっちがいい?」とか聞きます。
主導権握ってないとヤなほう。口ほにゃららがうまいよ。
基本ネコ。
男には厳しいけど女の子には慎重。

とかとか。

1)が有力ですが、2)みたいなのもすきなので、どっちも欲しいです。
というか今回は一例として極端なのをあげただけで、ほかにも無数のロックさんが脳内に闊歩しています。

なんにしてもこういうノリで遅まきの初恋とかしてしまえばいいと思うんですよ…。
ロックさんは基本すきなひとにはクーデレだし健気でお茶目かつ慎重なところがあり、すぐ一歩引いてしまうので、薄らぼんやりした片想いで終わることが多そう。欲求の存在にすら気がつかない不器用なじじい。これがまたノンケばっかりすきになるといい!
人類愛と錯覚してるから相手が結婚しようが何だろうが幸せにしてたらそれでうれしいロックさんとかもえます。
手を繋げたら万々歳みたいな初心なじじいだけど、身体は海千山千なんだ…なんだそれ童貞の夢か…。
王道に、1)なら好き好き押し押しで来られてなんか変に優しくされていつもと違うなにこれパターン。2)なら素直にけなげに尽くしちゃうパターン。どっちも美味しいです。
そういう雰囲気かなーと気を回しすぎて、「もっと自分を大切にしろ!!」と叱られて、(マゾなのもあいまって)「は、はい…(ドキドキ)」みたいなの読みたい。そんな甲斐性のある男キャラが欲しい。

PR

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]