忍者ブログ

かきちらし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超人とヘルマプロディトス

わたしもロックさんに「うちはそういうサービスはやってないんで!」って言われたい。ほうほうどういうサービスまでならOKですか?! ちょっとだけですか!?
…えー…あんなうらぶれた酒場で働くなんてこともやるんですよね、ロックさん。



そうそう、歌姫で思い出した。
ラグにはフラン、プリムラにはライザの母性愛、ソリティアではルーファスのアニキっぷりと柔軟に対応しつつ、
マチコなどのおねえさまキャラにはショタ姿で庇護欲を誘い、ヴィニはおにいさんで攻略(…)と、
ロックさんのジゴロっぷりといったら! 無意識か意識的かはおいておいてもこいつは!

個人的に、SG企画版第一話の「ニンバスと負の世界」において、「ほんとにこんなとこに超人が?」「あそこで歌ってるのがそうだよ」からのライザ! っていうカットがすごく好みです。色キチガイだし当時高校生の先生の絵、わりとひどいんですけど! でも!

"男の姿をよそおって 女の嘆きを癒すがいい
女の姿をとるもよし 男を喜ばせるために"

ヘルマプロディトスは有名だと思うんですけど、あまりに美少年なのでニンフに襲われたあげくふたなりにされちゃうという、悲劇的すぎる少年です。いやいやいやいや。それはあんまりだろギリシャ神話。彼がなにをしたっていうんです!

まあそれはおいておくとして、引用したのは彼についての詩なんですが…その… ライザ/ロックだったらいいなって!
なにを寝ぼけたこといってるんだこのスカタンはと思われるでしょうがまあご容赦ください。
うろ覚えなのですが、「性が変わるっていうのはけっこう大きな問題で、ただ身体が変化するだけじゃなくて、意識にも違いが出てくる。そういうのも書いてみたい」みたいなことかば先生が言ってた。ような気がする。たぶんいってました。すいません。
ロックさんはそのあたりの切り替えがすごくスムーズかつ自然だと思う。
まずロックさんの場合はTSとかじゃないですもん。



このあとえんえん長文書いてたのに消えたのでちょっと立ち直れません…
まとめると、ロックさんがときどき相手に合わせてライザやらなんやらになる行為は萌えるなあって話でした。うう…。

PR

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

trackback

この記事にトラックバックする:

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]